flow1_maintit

flow_step2_maintit

step2_pic01

step2_subtit1

あえていいましょう。「火付けは男子たるものの役目と心得よ」ここで活躍すれば大人気間違いなし。砂利などを避けて安定した地面のうえにしっかりとコンロをおきましょう。着火には着火剤の利用をお勧めします。焦って多くの炭を一気に置くのではなく、最初は少量の炭に確実に着火させましょう。下記にBBQ大学推奨の上級者向け火付け方法をご紹介いたします。長年の研究と経験から最適な着火方法として是非ご参考いただければと思います。

step2_pic02

step2_subtit2

コンロの安定感のいい箇所に、炭で矢倉を組むように20cmほどの高さに炭を上に積んでいきます。高く上に積む理由は、火は横に広がりにくく、上に燃え広がりやすいため。高く狭く煙突のように積んでいくことで効率があがるからです。

積み終えたら、その櫓の中心部分に着火剤をいれて火をつけましょう。イメージは、炭でできたピサの斜塔の中央部分に着火剤をいれて、ピサの斜塔をもやすように(傾いてたらダメですよ、まっすぐ積んでね)着火すること。そして最後は櫓の一番上の部分に蓋をするように炭で閉じます。そして炭に火がつく(赤くなる)までじっくり待ちましょう。櫓の内側がパチパチと音がなっている状態にできていればうまく櫓内部の炭に火が着火していっているということ。耳で着火を感じましょう。

櫓に蓋をしている状態で、空気を送るなどをすると内側の炭が赤く燃えるまでの時間が短くなります。順調にいけば10分くらいで、炭が赤く燃えて火がついた状態になるはずです。

step2_pic03

step2_subtit3

火が完全についたと感じたら、矢倉(炭のピサの斜塔)を、崩します。
空気に触れさせて、より炭に火がついた状態を定着させましょう。その間に全く新品の炭をコンロ内に追加する。赤くなっている炭の横にお来ましょう。混ぜると熱気と炎で着火していない木炭にもすぐに火が燃え移ります。

うちわを扇ぎながら、15分もすると完全に炭に火がつきます。追加した炭にも火がうつっていい状態の炭火ができあがります。

注意:あせって最初から全部の炭に火をつけようと考えてはダメ、また着火剤を位置を考えずにとりあえず炭にほりこんでしまうのも、火の定着にはつながらない。待つのも大事、酸素を送り込む細かい作業も大事です。焦らず頭脳を使ってクールに熱い火をつけましょう。

火は下から上に燃えるため、方向性を考えて高く上に炭の矢倉を積むと着火剤が少量でもしっかりと火をつけることができる。持ち込んだ小型扇風機などがあれば着火は非常にはやい。酸素と接触させる面積を多く取ることで炭火はより定着する。

step2_pic04

step2_subtit4

火をつけた後にもう一工夫することでより楽しいBBQになる。重要なのは火加減、コンロ内に強火、中火、弱火ゾーンを作ってみよう。

料理によって必要な火加減は違うもの、焼いた後の保温にも弱火が必要だったり、強火で表面をこんがりやって中身は半生の状態がいいという料理などいろいろな料理に挑戦できるようになる効果もある。BBQ大学直伝の火加減コントロールを習得することで、BBQの楽しみがグッと増えていくはず。

step2_pic05

step2_subtit5

<強火ゾーン>
赤くしっかりと炭火が定着した状態の炭を、コンロを横に3分割した場合の左隅にかためる。温度も一番高く、赤い炭火同士がより炎を増強させてしっかり焼ける強火ゾーンができる

<中火ゾーン>
火が定着した炭(赤白い状態)と火がついていない炭(黒い)を6対4の割合で置く。かつ黒いすみを火が定着した炭と接するように丁寧に配置する(炭に火がついていくように)

<弱火ゾーン>
火がついている炭と、黒い新炭を3対7の割合で設置。ほぼ保温のために置く場所として利用する目的でつくったりする。また。肉の塊をじっくり焼いていくことにつかうこともいい。