学長挨拶

学長田中とBBQ

shatyo_banner3

こんにちはBBQ大学、学長の田中です。
昨今は情報端末機器の発達のためかフェイスtoフェイスのコミュニケーション、つまりは会話や遊びができない人たちが増えてしまったと考えています。特に人口の集中する都会では人間らしい自然な遊び、たのしみ、会話が激減し、外に出ること自体が減っています。果たして本当にそれでいいのでしょうか? 私はそんな問題を解決すべく、この度「BBQ大学」を創立することになりました。

私の学生時代の話をしましょう。
学生時代、私はどこにでもいる普通の学生でした。
ただ他の学生と少しだけ違うのは、週に1度は山に行ってはBBQをしたり、大勢を島に集めてBBQ大会をしたり。
とにかく週に1度は火の近くにいないと学業に身が入らなかったのです。当時はテントで暮らそうか真剣に悩みました。
当時の彼女へのXmasプレゼントは寝袋。Xmasデートは山でキャンプ。
誰に何を言われようと、夕日を見ながら飲む珈琲や夜に見る焚き火は私にとって日々の活力そのものでした。
とにかく網を見たら飛びつくBBQ猿と言っても差し支えないくらい、BBQにはまってしまったのです。

gakutyo_pic01

海外でバックパッカーをしている時はインドの浜辺で30人くらいでBBQをしたり(警官がきた)、インドの小学校で飯盒炊飯をしたりしていました(警官がきた)。
インドの炭は非常に使いづらく、食材もパンチが効きすぎなものも多かったですが、気付いたら全部食べてしまっている。
そして知らないインド人が山のように寄ってきていつの間にか友人に。これぞBBQの力だと思いました。

今の日本の社会に必要なのはBBQである

gakutyo_pic02

どんどん社会がオートメーション化されてインターネット、電子機器、AIロボットと最先端技術が今後ますます発展して、労働を効率よく実施する時代がおとずれます。

すると、どんどん仕事の時間が短縮され、我々人間は自由な時間(レジャーTIME)を多く持つ時代が、やがて訪れます。
そんな世の中に、当大学は、楽しくおしゃれでスマートにレジャーが楽しめる「BBQ」を中心とした
レジャーのやり方、あり方をお伝えして、広めたい、楽しんでもらいたいと思い設立されました。

皆さまに、より有意義なレジャー活動の知識や知恵をお教えしたい!

仲間との楽しいレジャー時間、家族との幸せなレジャー時間、同僚とのスマートな時間、恋人との愛おしいレジャー時間を
過ごすためのお手伝いをしたい。そしてその第一歩として、私たちの大好きな「BBQ」について最新の情報をお伝えしていきたいと思っています。

gakutyo_pic03

本サイトでは日本一の「BBQ」猿である、私、田中から人生そのものとも言える「BBQ」に関する知識を1から丁寧にお伝えします。
21世紀型のレジャーTIMEをスマートに楽しめる人たちを創り出す「BBQ大学」を是非お楽しみください。

BBQには無限の可能性があります。 このサイトは大切な人たちと思いでを作り、最高の時間を過ごすきっかけになるはず。
一度踏み込んだらもうガッツリのめり込んでしまいたくなってしまう、奥深くて楽しい「BBQ」の世界をお届けします。

学長来歴

小学校3年

所属していた野球チームで、産まれて初めてBBQに触れる

小学校4年

親戚の家の庭でテント泊を経験する

小学校5年

父親にキャンプに連れて行かれ、BBQの楽しさに気付く

中学校

BBQを我慢して野球しかしない

高校

甲子園を目指してBBQを忘れ野球に打ち込む

大学 gakutyo_pic04

野球部を引退後、無人島でBBQ大会を企画・運営
バックパッカーに憧れ、インドへ旅立つ
インドで30人規模のBBQ大会を行う
同じくインドで飯盒炊飯を楽しむ
引っ越しのバイトで、BBQ用品を持っているお客様がいたら積極的にもらう
週1で火と向き合う(お気に入りの地で毎週欠かさず焚き火をする)

社会人 gakutyo_pic05

BBQ場でアルバイトを始める
2週間後店長に抜擢
実家に帰ってBBQをすると異常なほど家族に喜ばれる
100人でのBBQ大会にてお子様向けに炭起こし教室の先生を務める
キャンプフェスにハマる
友達とBBQをすると準備と焼く作業しかできず、遊べていない事に気付く
GO OUT CAMPにて火起こし教室の先生を務める

BBQ大学学長に就任