知識

花火とバーベキューで盛り上がる夏がやってきました! どうせなら、花火もバーベキューも同じ場所で一度に両方楽しみたいもの。そんな欲求を満たしてくれる、関東のオススメスポットを紹介します。

 

花火とバーベキュー、同じ日にやれば2倍盛り上がる!

pixta_8522230_M

 

暑くなると花火とバーベキューのシーズンが本格的に始まります。どちらかを選ぶよりも、いずれも同じ日に行った方が盛り上がることは間違いありません。

 

お昼過ぎからバーベキューを始め、日が落ちたら花火をすれば半日でも十分楽しめます。

 

友達同士のパーティーや家族・親戚の集まりも、2つのイベントを同じ日にすると一体感がさらにアップ。花火が終わるころには参加者みんなが仲よくなり、夏の魅力を満喫した思い出の一日となるでしょう。

 

関東で花火&バーベキューができる場所4選

pixta_1397676_M

 

関東はほかの地域に比べて人口密度が高いため、花火やバーベキューのルールがほかの地域よりも厳しい傾向にあります。それでも、2つを同じ日に楽しめる場所は存在します。

 

パーティー向けやファミリー向けなど、BBQ大学がオススメする関東のバーベキュースポットを紹介します。

 

1. オシャレなアメリカ風でハジける!「LOVE KINGDOM」

サーカス場を連想させる、オシャレな雰囲気の手ぶらOKのバーベキュー場。異国情緒ある雰囲気を楽しみつつ、こだわりの国産食材を使用した本格的なバーベキューを堪能できます。

 

ドリンクメニューには飲み放題プランのほか、レンタルできるサーバー付きの生ビールセットもあります。おいしい肉を味わいながら手持ち花火を楽しめるので、大人数でパーティーを楽しみたい人にピッタリのスポットです。

 

店舗:LOVE KINGDOM
住所:〒135-0061 東京都江東区豊洲6-1-23 WILD MAGIC内

 

2. 定番の河川敷で楽しむなら「荒川岩淵緑地バーベキュー場」

定番の河川敷で花火とバーベキューを楽しむならココ。川風を感じながら、広い芝生の上でゆったりとバーベキューができます。レンタル設備がないため機材や食材は持ち込む必要がありますが、場所代は無料(先着順)。

 

スペースの制限が特にないので、大人数で行う場合や、参加者があとから増えそうなときにも利用しやすいバーベキュー場です。

 

店舗:荒川岩淵緑地バーベキュー場
住所:〒 115-0041 東京都北区岩淵町23-45

 

3. キャンプサイトや温泉施設もある「パディントン ベア・キャンプグラウンド」

相模湖リゾートプレジャーフォレスト園内にあるキャンプ施設。花火とバーベキューに加えて、キャンプやキャンプファイヤーまで楽しめます。

 

バーベキューのメニューにはスモア(マシュマロ、チョコ、リッツ)付きのセットがあるので、子どもも大喜び。同園内には遊園地や温泉施設もあり、ファミリーにオススメの一日中遊べるスポットです。

 

店舗:パディントン ベア・キャンプグラウンド
住所:〒252-0175 神奈川県相模原市緑区若柳1634番地

 

最後に、、、花火をやるのは面倒だけど、花火を見ながらおいしいBBQが食べたい! そんなあなたに朗報です!!

 

4.美しい打ち上げ花火とBBQ!!眺め最高!ビル最上階の「横浜関内セルテ店」で楽しもう!

横浜のJR関内駅北口から徒歩30秒!駅舎出てすぐの「関内セルテ」最上階に、持ち込み自由のBBQ「デジキューBBQテラス横浜関内セルテ店」があります。そこでの夏のビックイベントといえば「花火ナイト!

 

7月16日(土)17日(日)の横浜スパークリングトワイライトと、8月2日(火)第31回神奈川新聞花火大会のこの日は、美しい打ち上げ花火をみながら、美味しくて楽しいBBQナイトが超おすすめ。

 

夕方から浴衣を着て、友達と、恋人と、家族と一味違った花火大会を体験してみてはいかがでしょうか。

 

席やテーブルも予約制なので、混雑の中でがやがやしながら見る花火と一味違う、リラックスした贅沢な夏の夜になること間違い無し! 恋に花が咲く、友情に花が咲く、家族の会話に花が咲く横浜の夜。ぜひ体験してみよう!

面倒な事前準備・後片付けもいらないとっても便利なバーベキュー場。館内B1Fの食品館あおばで、食材・飲み物を購入し持ち込むだけでOKです。もちろんお店にBBQメニュープランもあるので面倒ならそっちに頼むもよし!

花火の後は、みなとみらい・山下公園・マリンタワーへのお散歩も最高!眼下にひろがるみなとみらいの夜景と豪華で綺麗な打ち上げ花火! ビルの最上階なので風も涼しくて心地イイ。そんな美しい風景の中での一味違った花火BBQはいかがですか?

 

IMG_2774

 

店舗:デジキューBBQテラス 横浜関内セルテ店

住所:〒231-0016 神奈川県横浜市中区真砂町3-33 関内セルテ屋上

 

ルール・マナーはしっかり守り、事前の確認を忘れないこと

花火とバーベキュー、いずれの場合も楽しんだあとの後片づけはしっかりと行いましょう。間違っても花火の燃えカスや炭を砂に埋めるようなマナー違反はしないこと。

 

花火をする場合は、事前に水が入ったバケツを忘れずに用意しましょう。宿泊施設がある場合でも、お酒を飲み過ぎたり、遅くまで騒いで近隣の人の迷惑になったりしないよう配慮が必要です。

 

また、許可されている場所以外での花火やバーベキューはもちろん厳禁。花火がOKの場所であっても「ただし手持ち花火に限る」という補足が入っていることもあるので、施設の注意事項は事前によく確認し、ルールを守って楽しみましょう!

 

参考:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

チョビベリー

読書とテレビと極真空手が好き、柔道初段とボクシングの経歴をもつ普通のOL。女子向けWEBサイトで書評ほか恋愛系の記事を執筆するかたわら、自身の恥をかきさらす意識ぬるい系ブログ『チョベリグ!』も更新中。バーベキューは火をおこす時に一番テンションがあがるファイヤータイプ。アトピーなので洗い物はちょっと苦手。