知識

バーベキューでは焼いた肉や野菜を“バーベキューソース”や“焼き肉のたれ”につけて食べるという方は多いのではないでしょうか。しかしそれらには味の濃いものが多く、食材そのものの旨味を消してしまったり、単調な味に飽きてしまったりすることも少なくありません。そこで今回は、素材の味を活かす味付けの仕方についてご紹介します!

シュッと簡単!種類豊富なスプレー調味料で食べ比べ

 

 

スプレー調味料を知っていますか? 液体なので味が全体にいきわたりやすく、シュッと噴きかけるだけで簡単に味をつけられるとても便利なアイテムです。コンパクトなので持ち運びもしやすく、バーベキューだけでなく家庭料理でも大活躍してくれますよ!

豊富なバリエーション

日本ではスプレータイプの醤油や塩が流行りましたが、外国産のスプレー調味料の種類も豊富にあります。塩やレモンをはじめ、バジル、ガーリック、チリ、バルサミコ、さらには白トリュフまであり、色々な味を試しながら組み合わせてみるのも面白いですよ。特におすすめの組み合わせは“塩レモン”です。

肉が柔らかくなる?塩麹(こうじ)はレモンも

 

バーベキューで肉や魚に下味をつけたいときには塩麹がおすすめです。ジップロックなどに食材と塩麹を入れて揉みこみ、味をしっかりと染みこませてください。肉の場合は揉みこんだあとに少なくとも23時間放置すると柔らかくなる効果もあるようですよ。

 

photo byAmazon

 

「塩麹が口に残るのが苦手」と思う方もいると思います。そういう方は液体タイプのものを試してみてください。味自体に違いはないので、塩麹の味わいをしっかりと楽しめますよ。

 

photo byハナマルキ 塩こうじ(塩麹)レモン|楽天市場

 

また塩麹レモンという調味料もあります。塩麹はレモンとの相性が良いので、さっぱりと食べたい肉や魚などに使用するのが特におすすめです。

まるで韓国のり!ごま油と岩塩が相性抜群

photo byAmazon

 

ごま油と岩塩を組み合わせると、“韓国のり”のような味わいになります。お酒との相性も抜群で、大人のバーベキューの必需品と言っても過言ではありません。塩キャベツの味をイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。焼いた食材だけでなく、キャベツやキュウリなどで簡単なおつまみを作る際にも使えますよ。

風味と辛味がGOOD!ゆず胡椒で大人の贅沢

 

ゆず胡椒は食材にのせるだけでOKの便利な調味料。ゆず胡椒の美味しさにハマったことのある方も少なくないのではないでしょうか。ゆず胡椒は量が多いと辛味が際立ってしまうので、少なめにするように注意してください。ただ脂の強い食材の場合は辛味を感じにくくなるので、気持ち多めでもOKです。

相性の良い調味料

ゆず胡椒は単体もしくは醤油と合わせて食べることが多いと思いますが、オリーブオイルとも相性が良いと言われています。その組み合わせはさっぱりとした食材との相性が特に良いので、バーベキューで焼いた魚などに試してみてくださいね。

まるで香草焼き!ハーブソルトをかけるだけ

photo byAmazon

 

バーベキューでは炭焼きのスモーキーな香りを楽しむのも醍醐味のひとつですよね。より良い香りのする調理法を活用することで、一味違った美味しさを楽しめます。そこでおすすめしたいのがハーブソルト。商品によって異なりますが、一般には数種類のハーブをブレンドされており、食材に香草の良い香りを付加します。特に鶏肉との相性が良いのでおすすめです。使用方法は焼く前の食材に振りかけるだけでOK。手軽に持ち運べるので、ハーブソルトを1本持っておくことをおすすめします。

まとめ

 

料理は味付けひとつで味わいがガラッと変わります。塩コショウをして焼くだけでも美味しいですが、色々な味わいを楽しむために、ぜひ味付けを変えて食べ比べてみてください。みんなで美味しさの感動を分かち合えるのもバーベキューの醍醐味。食べ方を工夫すれば、バーベキューがもっと盛り上がること間違いなしですよ!

 

 

 

 

参考サイト:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

ともしど
基本的には絶食系男子だが、たいていのことを「ノリと勢い」で看破できるクレイジーな顔も併せ持つ。元板前なので魚介類の調理が得意。うどん生活が長かったのでお肉を見るとワクワクする。近くに水があると興奮するのでバーベキューは河原派。「ツイッター(@tomoshido)フォローしてください。」