道具
コンロに炭、食材といった最小限の準備でもバーベキューは行えますが、できればしっかりと準備してバーベキューを盛り上げたいところ。用意しておくと便利なグッズをご紹介しましょう!

 

1. タープ

タープ 出典:Amazon.co.jp

 

夏の炎天下でのバーベキューにはできるだけ用意しておきたいアイテム。日焼け防止になるだけでなく、熱中症を予防したり突然の雨に対応したりもできます。手早く張れるヘキサタープがおすすめ。

 

2. 荷物運び用のキャリー

キャリー 出典:Amazon.co.jp

 

駐車場からバーベキューサイトまで距離がある場合や、荷物が多いときには荷物運び用のキャリーが便利。散らばりがちな小物をまとめて入れておけば片付けもスムーズです。悪路でも運びやすいよう、大きな車輪のものを選びましょう

 

3. テーブル&ベンチ

テーブル・ベンチ 出典:Amazon.co.jp

 

折りたたみ式のベンチやイスがあれば、バーベキュー中も両手にお皿やコップを持ってウロウロすることなく、ゆっくりとくつろげます。ベンチとテーブルが別々になっているもののほうが使いやすくおすすめです。

 

4. 火おこし器

火おこし器 出典:Amazon.co.jp

 

炭に火をつけるのは意外と難しいもの。慣れていないと着火剤と時間を延々浪費するなんてことにもなりかねません。火おこし器があれば20分程度で簡単に火がおこせるため、バーベキュー初心者の強い味方になってくれるでしょう。

 

5. トイレットペーパー

とッペ 出典:Amazon.co.jp

 

油汚れをさっと拭き取ったり、ハンドタオルの代わりにしたりと、アウトドアではトイレットペーパーが大活躍。写真のようなホルダーに入れて用意しておくと、多少の水にも強く使いやすいですよ!

 

6. コーヒーメーカー(マキネッタ)

マキネッタ 出典:Amazon.co.jp

 

バーベキュー後にゆっくりとコーヒーをいれるのは、なんとも言えない至福の時間。コーヒー好きならぜひ用意しておきましょう。直火にかけられるタイプだと、コンロのおき火が使えるので便利です。

 

7. スキレット

スキレット 出典:Amazon.co.jp

 

料理が好きな人はこんなアイテムを用意してみてはいかが? 網から落ちやすい小物を焼いたり、コンロの脇でさっとサイドメニューを作ったりと用途はさまざま。使い込むほどに味が出てくるので、道具好きの人にもおすすめです。

 

8. 厚手のアルミホイル

厚手アルミ 出典:Amazon.co.jp

 

意外と知られていない、隠れた便利アイテムがこちら。厚手なので、形成してコップやお皿の代わりとしても使えます。もちろん熱にも強いので、簡易フライパンとしても大活躍。これがあれば、もう鉄板はいらないかも。

 

9. キッチンバサミ

キッチンバサミ 出典:Amazon.co.jp

 

炊事スペースが限られたアウトドアでは、包丁よりもキッチンバサミが手軽に使えて便利です。野菜を切るような大抵の下ごしらえには十分に対応できますし、料理の苦手な人でも簡単に使えます。人数に合わせて何本か用意しておくといいでしょう。

 

10. スパイスケース

スパイス 出典:Amazon.co.jp

 

個人的におすすめしたいのがこのスパイスケース! 塩やコショウだけでなく、ちょっとめずらしいスパイスもケースに詰めて持っていくと、単調になりがちなバーベキューの味に変化を与えられます。クミンやガラムマサラ、ヒマラヤの塩など、お好みに合わせてどうぞ。

 

11. 火消し壷

火消し壺 出典:Amazon.co.jp

 

バーベキュー後に意外と困るのが炭の始末。バーベキュー場に炭捨て場があればいいのですが、そうでない場合は自分たちで処理する必要があります。火消し壷があれば簡単に火を消せるうえ、残った炭を再利用できます。

 

12. 網専用ブラシ

網ブラシ 出典:Amazon.co.jp

 

バーベキュー後の最大の仕事は網を洗うこと。すす汚れはとても強力にこびりついているため、亀の子たわしやスポンジよりも網専用のブラシを使うのがおすすめです。鉄板の焦げ付きを落とすヘラが一緒に付いているものが便利。

 

13. バケツ

バケツ 出典:Amazon.co.jp

 

飲み物を冷やしたり小物を集めておいたりと、アウトドアで便利に使えるバケツ。やけどしてしまった患部を冷やす際にも使えるため、できれば用意しておきたいアイテムです。折りたたみ式だと、持ち運びにもかさばらず便利です。

 

14. 虫よけキャンドル

虫よけキャンドル 出典:Amazon.co.jp

 

アウトドアでは欠かせない虫よけですが、汗をかいたり時間がたったりすると効果が薄れてくるのが悩みどころ。そんなときは、周囲に虫よけ用のキャンドルを置くのもひとつの方法です。シトロネラやレモングラスなどの天然成分なら、子どもがいても安心して使えます。

 

15. 救急セット

救急セット 出典:Amazon.co.jp

 

指を切ったりやけどしたりと、アウトドアにケガはつきもの。そんなときに慌てないよう、救急セットは必ず用意しておきましょう。出発前には、セットがそろっているか、期限切れのものはないかチェックするのも忘れずに!

 

バーベキューを快適にしてくれる便利グッズ、ぜひ使ってみて!

コンロや炭といった定番のグッズだけでなく、こうした便利グッズも持っていくと思いのほかバーベキューを快適に楽しめます。なかには値段の張るものもあるので、頻繁にバーベキューをするなら少しずつ買いそろえてもいいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

鈴木圭
イタリア・ミラノ在住。広告プロダクション、出版社などを経てフリーライターに。在住経験を生かし、海外旅行やイタリア関連のほか、海外Webマーケティング関連のコンテンツなどに記事を書いている。世界で最も肉の扱いに長けているのは、やっぱりアメリカ人かもしれない。好きな焼き方は、丸焼き。