道具

バーベキューを何度もやっていると「鉄板と網で焼くだけじゃ物足りない!」という思いが芽生えてきませんか? そんなバーベキュー中級・上級者にオススメするのが、キャストアイロンを使ったお料理です。

 

汁物、揚げ物、炒め物、パンやデザートまで作れる便利グッズのキャストアイロンを1つ持っていると、料理のレパートリーがぐっと広がります。オススメポイントやお手入れ情報とともに、どのスタイルのキャストアイロンが便利かをご紹介していきます。

キャストアイロンのすごさはその丈夫さ!

キャストアイロンのすごさは何といってもその丈夫さ。厚みのある鋳鉄で作られており、熱々の火の上で調理を行うバーベキューでも、ダメージを受けにくい便利グッズです。また、お手入れをきちんとしていれば、ノンスティック状態がキープされ、調理したものがくっつくこともありません。洗うのに洗剤を使わないのでエコで、キャンプ場でも簡単に後片付けができるのもうれしいポイント。


また、キャストアイロンは熱伝導や保温性も抜群。時間をかけてじっくりと食材に熱を伝えるので、うまみを引き出しながらおいしく調理してくれます。また、カレーやシチューなどの煮込み料理は、1度作れば長時間温かいまま。頻繁に温めなおす必要がなく、好きなときにおいしく食べられます。

キャストアイロンのお手入れって難しいの?

キャストアイロンはきちんとお手入れをすれば、長期間使えます。購入したら、まず、調理器具についてくる説明書に書かれている手入れ法にしっかり目を通すようにしましょう。キャストアイロンを持つ上で知っておきたいのは「シーズニング(Seasoning)」と呼ばれるプロセスです。器具の内側全体に油を塗ることで、ノンスティックの状態を保つことができます。

 

キャストアイロンを入手するときは、すでにシーズニングが行われているか必ずチェックしましょう。されていない場合は、最初にシーズニングが必要です。こちらは米国のキャストアイロンの老舗「LODGE社」の、日本向けウェブサイトで紹介されているお手入れ方法の動画です。

ポイントは、調理後まだ熱いうちにお湯を入れ、たわしを使ってしっかり汚れを落とすこと。このとき、調理器具についた油を落としてしまわないよう、基本的に洗剤は使いません。焦げ付きが取れない場合は、粗塩を入れて擦ってみると落ちやすくなります。

キャストアイロンの大敵は「サビ」。調理器具にダメージを与えないように、洗った後はしっかり乾燥させるようにしましょう。乾燥後、調理器具がまだ熱いうちに、油を塗ってシーズニングを繰り返します。こうすることで、味のある調理器具へと育ててあげましょう。

持っておきたいキャストアイロンはどれ?

キャストアイロンは重くて大きめのものが多いので、いくつも持つことはできないという人には「スキレットタイプ」の購入をオススメします。深めのスキレットを1つ持っていれば、お肉を焼くのはもちろん、揚げ物や煮物、デザートとさまざまな料理を作れます。

 

同時に蓋も購入しておくと、蓋の上に炭を乗せることで加熱力がアップ。おいしいパンやチキンの丸焼きなども作れるようになりますよ!スキレットは直径や深さが豊富ですが「いろいろなものが作れる万能・便利グッズが欲しい」と考えているならば、蓋つきの9インチスキレットがオススメです。
キャストアイロン1 (Photo By:LODGE製品ラインアップ

こちらのスキレットを入手したら、ぜひ挑戦してほしいのが「コブラー」と呼ばれるアメリカンスイーツ。作り方は簡単なのに、熱々のフルーツと香ばしい生地のハーモニーは、ついつい手が止まらないおいしさです。

画像2 (Photo By:punkin_n_spice

材料:

  • バター……100g
  • ベリーやピーチなどのフルーツ……5カップ*(冷凍でもいろいろなフルーツが混ざっていてもOKです)
  • 小麦粉……1と1/4カップ*
  • 砂糖……1と1/カップ*
  • シナモン……小さじ1/2
  • 塩……ひとつまみ

*1カップ=200cc
作り方:
1.家で下準備として、小麦粉、砂糖、シナモン、塩は1つの容器(例:タッパー等)にまとめておく。
2.スキレットを火の上に置き、バターを溶かす。溶かしたバターは、1.で用意してきた容器に入れ、粉類としっかり混ぜる。
3.火からおろした状態でスキレットの底にフルーツを並べ、その上に先ほど混ぜた生地を均等に乗せる。
4.蓋をして(蓋がない場合は、アルミホイルを2重にしてかける)再度火にかける。表面に焼き色がついて中のフルーツがグツグツいうまで、30〜45分ほど焼いて完成。

もし、クーラーボックスに空きがあるのなら、バニラアイスを用意していきましょう。熱々コブラーの上に、アイスクリームを乗せて食べると絶品です。

自信を持ってオススメ!

キャストアイロンが1つあると、バーベキューで調理できるお料理のバラエティーが、一気に広がります。頻繁にバーベキューを行う人や、いつもと違ったバーベキューに挑戦したい人に、自信を持ってオススメできる便利グッズの1つです。

参考サイト:
アウトドアでの使用方法|LODGE
CAMPFIRE TRIPLE BERRY COBBLER|DEVOUR
Why You Should Grill Your Burgers in a Cast Iron Skillet|epicurious

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

マケナ雅美
食・スポーツ・経済・テクノロジーとさまざまな分野で執筆中! 美味しいもの大好きなアラフォー女子が、BBQ大国テキサスから楽しい&美味しいBBQ情報をお届けします。冷たいビールとジューシーなお肉で、楽しくBBQ体験しちゃいましょう。