おもしろ

今日はバーベキュー日和、早起きして気分上々!! しかし、集合場所に着いたら知らない人もいて、あまりテンションが上がらない……。バーベキューは、いつも顔なじみのメンバーで行われるとは限りません。

 

そして、初対面の人とも協力して準備をすすめる必要があります。そんなときは、世代や性別を問わず場の雰囲気を盛り上げてくれる合言葉、「ナイスバーべ!」が役立ちます!

 

バーベキューの序盤は盛り上がりにくい

pixta_19179460_M

 

知らない人もいるバーベキューでは、序盤からテンションMAXで準備にあたる人は少数派。

 

準備が着々と進められるなか、突如「ウェーイ! バーベキューめっちゃ楽しイ―――!!」などと騒ごうものなら、「何この人!? 面倒くさい!」とほかの参加者にドン引きされます。

 

バーベキューの序盤は、準備はきちんとしなければいけないという真面目な意識と、初対面の人との共通の話題の少なさから会話が弾まないのは当然。

 

朝早く起きたために寝ぼけている人や、低血圧のために午前中はテンションが上がらない人、アルコールが入るまでは無口な人もいます(注:筆者はすべて該当します)。

 

このような状態では、「野菜を洗ってくれる?」「私、ドリンク買ってくるね」などのような業務的な発言はありますが、気軽に冗談を言い合う雰囲気ではありません。バーベキューの準備にまつわるコミュニケーションを重ねるうちに、少しずつ笑顔も増えて仲良くなっていくのが主流です。

 

芸人・たけだバーベキューさんの決めゼリフ「ナイスバーベ!」の魅力

pixta_7676122_M

 

肉がいい感じに焼け、準備が整ったらいよいよ乾杯。そして、ようやく盛り上がった頃には解散……。おなじみの流れではありますが、せっかくバーベキューをやるならもっと早くから周囲と意気投合したいもの。

 

そこで紹介するのが、バーベキューを盛り上げる魔法の言葉「ナイスバーベ!」。「ナイスバーベ!」とは、お笑い芸人、たけだバーベキューさんの造語です。

 

この方は地上波でこそお見かけする機会は少ないものの、カナダのバーベキュー大使もされているというバーベキュー業界ではとても有名なお方。

 

そんなたけだバーベキューさんが放つ「ナイスバーベ!」は、いい感じに肉が焼けたときの決めゼリフに使われています。これを参加者の合言葉とし、バーベキューの準備のときから使って場の空気を盛り上げるのです!

 

あいさつもとにかく「バーべ!」

肉がうまく焼けたときはもちろん、誰かがバーベキューに適した食材やお酒を持ってきてくれたり、野菜をキレイにカットしてくれたり、炭だらけの網をピッカピカに洗ってくれたりしたら、すかさず「ナイスバーベ!」と声をかけてあげましょう。

 

焼けた肉にかぶりつく人がいれば、一気飲みの要領で「バーベ!バーベ!」と手拍子を入れながら全員で連呼しても盛り上がります。その日だけは「あいさつはとにかくバーベ」と決めて、おはようから別れ際まですべて「バーベ!」で統一してもOK。

 

写真を撮るときの掛け声も、もちろん「ハイ、チーズ」ではなく「ハイ、バーベ!」で統一。ありがたい共通言語の存在で、初対面の人も「何それ?」と面白がってくれます。どこか小学生っぽいノリを彷彿とさせつつも、盛り上がりにくいバーベキューの雰囲気を温めてくれる合言葉です。

 

「ナイスバーベ!」で気持ちはひとつ!

肉が焼けてからはもちろん、乾杯までのぎこちない準備タイムも「ナイスバーべ!」の合言葉があれば盛り上がります。自分から積極的に「ナイスバーべ!」を連呼し、バーベキューの準備段階から参加者の気持ちがひとつになるようにしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

チョビベリー

読書とテレビと極真空手が好き、柔道初段とボクシングの経歴をもつ普通のOL。女子向けWEBサイトで書評ほか恋愛系の記事を執筆するかたわら、自身の恥をかきさらす意識ぬるい系ブログ『チョベリグ!』も更新中。バーベキューは火をおこす時に一番テンションがあがるファイヤータイプ。アトピーなので洗い物はちょっと苦手。