おもしろ

BBQ師範カドテックの俺が焼く!!

とは『BBQに呼ばれるといつも焼き係の30代男性に活を入れる、社会派コラム』である——。

 

 

いつもBBQ大学のオシャレなアウトドア記事を楽しみにしている皆さん、連載3回目にして早くも締め切りを1時間3分ぶっちぎった、『BBQ大学公認BBQ師範 カドテック』です。

 

 

他記事と比べ無駄に主張が強かったバナーも、無事リサイズされホッと一息ついたのも束の間。先週は嵐の前の静けさのように沈黙を保っていたあの男が動き出した事により、新たな悪夢が幕を開けたのである。

 

 

悪魔からのコールはいつも突然鳴り響く。

 

 

Prrrrr….

 

 

『はい、もしもしカド… Z『あ、カドさん。今週末ウチの鎌倉の海でやってるBBQ場でロケするよ!ビキニのチャンネーも一杯いるし、いつもおっさんだらけのむさ苦しい記事に花添えましょうよ。もしかしたら記事がR18になるようなハプニングもあるかもよ〜。ってことで次の土曜日12時にカメラ持参で現地集合で、場所はGoogle先生に聞けばわかるから。来ないとカドさん家のクーラーのリモコン捨てるよ!』

 

 

ガチャ!ツーツーツー….

 

 

 

 

 

デジャヴ!!

 

 

 

 

 

 

…という訳でやって参りました!鎌倉。

 

 

IMG_9341

 

この日は天気も良く、多くの人が海水浴を楽しんでいた。

 

 

読者諸兄もご存知の方が多いと思われる『由比ケ浜海岸』そこから川にかかっている橋を渡ったお隣が、今回訪れた『鎌倉中央海水浴場』。

若い人から家族連れ迄、のんびりと楽しんでいる良い海岸である。

 

 

そこに今年オープンしたのが、オーシャンビューで手ぶらBBQと飲み放題が楽しめる

 

 

『手ぶらで浜茶家BBQビアガーデン』

160410_バナー_600×2700_B案(HOUSE)-01

IMG_9269IMG_9275 IMG_9276

IMG_9370

※8月31日まで営業。ご予約は上記リンクから。

 

 

である。先日の花火大会の日にはBBQをしながら目の前で花火が観れたというのだから、とても楽しいお店である。

 

 

あの悪魔さえいなければ…..。

 

 

 

現地に到着すると早速、視界にヤツが仁王立ちで手をこまねいている姿が映る。

今日は良く晴れた海水浴日和。なのにヤツの周りの景色がどす黒く見えるのは、年齢とともにに霞みやすくなった俺の目の錯覚ではないはずだ。この男は晴れやかな夏のビーチにいてはいけない類いの人種である、と改めて思うのであった。

 

ああ、帰りたい。

 

 

 

IMG_9387

相変わらず頑なに撮影NGのZ氏。壊れたファービーの様に『膝から下ならいいよ』としか言わないので撮影してみるも、今となれば汚い絵面が増えただけだったと後悔する。

 

 

Z『やーやーカドさん!よく来てくださいました。今日は都会の喧噪を忘れて楽しんでいってくださいね。今回は適当にキレイな海とかキレイなお姉さんとかの写真撮って、適当に記事書けばいいからさ。』

 

のっけから責任感のカケラも感じられない発言が飛び出すあたり、流石と言う他ない。

 

 

Z『じゃ、とりあえずこれに着替えよっか。カドさん、ドMだからサイズもMでいいでしょ。』

 

 

 

Why??

IMG_9386

 

 

Z『着替えたらコレもってしばらく店の外立ってて。お客さんに声かけられたら笑顔で対応するんだよ。』

 

 

Why??

IMG_9435 IMG_9442

 

 

Z『毛利に平塚までおつかい頼んだんだけど、渋滞にハマっちゃったみたいでさ。あ、そうそう30分後に炭おこしお願いしますね。』

 

 

Why??

IMG_9391

 

 

 

Z『ちょっと!カドさん!まだ火ついてないの?お客さん来ちゃうよ!ほら、コレで扇いで。腱鞘炎になるまで。』

 

 

Why??

IMG_9396

 

 

Z『それ終わったらお客さん来る前にトイレセッティングして!ついでに女子トイレ壊れてるから直しといて。』

 

 

Why??

IMG_9395

 

 

Z『肉は牛・豚・鶏、野菜はニンジン・タマネギ・カボチャ・トウモロコシ。ほら手動かして!手!』

 

 

Why??

IMG_9279

 

 

Z『いい年こいて水遊びしてんじゃないよ!目離した隙にまったく。』

 

 

Why??

IMG_9430

 

 

Z『ほら、遊んでないでお客さんが上手く焼けないって言ってっから手伝ってきて!』

 

 

Why??

IMG_9411

IMG_9421

Z『カメラ目線とかいらないから。リモコン捨てるぞ。』

 

 

Z『ったく。せっかくキレイなお姉さん達いるんだから、記事にアップしていいか頼みこんで花のある写真とってこないと今週で打ち切りな。』

 

 

Yes!Sir!!

IMG_9403

 

 

Z『毛利帰って来たから、荷物運び手伝っといてー。』

 

 

Why??

IMG_9433

 

 

『カドさんチース!いやー渋滞スゴかってんけど、おかげでめっちゃビキニみれましたわー。あれ?ものごっつい量の汗かいてますやん。ウケるわー笑』

と、あぶらとり紙並みの軽薄なノリで笑う編集毛利※1。彼がおつかいから戻って来たのは営業開始からゆうに6時間は経過した頃である。

はじめてのお使いで小学生と対決しても負けかねない男。

 

やはり彼もZと同じ穴のムジナ、世の中や仕事をナメていると痛感するのであった。

 

※1 編集とは名ばかりの関西人。目の前の仕事に対しての逃げ足の早さには定評がある。

 

 

 

 

度重なる小間使いっぷりに、もしやバイトとしてシフトに入れられているのでは?という思いが脳裏をよぎりながら…..。

 

 

後編へ続く!!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

カドテック

冬の雪山から、夏のビーチサイドまでBBQのフィールドを求めさまよう流浪のBBQ野郎。生業のビデオエディターの傍ら、フードケータリングユニット「TOKYOmetabo」の活動も経験。現在、東京渋谷にて期間限定ダイニング「カドダイナー」をプロデュース。

都内主要CLUBやLIVE HOUSEを中心にケータリングや、都内フードフェスへの出店を行っている。