おもしろ
バーベキューで食べる肉といえば、牛・豚・鶏。おいしいけれど、いつも同じでちょっとマンネリ気味……。そんなときは、めずらしい肉がメインの“珍肉バーベキュー”をしてはいかがでしょうか? 

 

バーベキューの初心者も常連さんもみんなが盛りあがる珍肉バーベキューで、食べたことがない食材を試してみませんか?

 

食べたことがない“珍肉”のバーベキューは盛りあがる

kangaroo portrait close up portrait look at you

 

ただ「バーベキューやろうよ」と言われるよりも、「珍肉バーベキューやらない?」と誘われたほうがワクワクしませんか? 普段はバーベキューにあまり関心がない人でも、珍肉バーベキューなら「めずらしいものが食べられる」という興味がわき、参加してみたくなることもあるはず。また、ひと味もふた味も違う珍肉バーベキューは、バーベキュー慣れした常連さんも飽きさせない魅力があります。

 

バーベキューの場所については、特にこだわる必要はありません。いつもの公園でも、珍肉バーベキューをするというだけで人が集まってきます。珍肉はそれだけ魅力と破壊力のある存在なのです!

 

ワニ、カンガルーからカエルまで!多彩な食材、味は意外?

pixta_22164211_m

 

世界各地の肉料理を思い浮かべてみれば、いろんな動物(食材)がいるのは当たり前。イノシシや馬の肉くらいは食べたことがある人も多いと思いますが、他にもカンガルー、ワニ、ダチョウ、ウサギ、ラクダ、カエルなど、日本でもまだまだ食べられる食材はたくさんあります。

 

なかでもバーベキューで一番盛り上がるオススメの食材は、うろこの柄がしっかり分かる“ワニの手”。手のひらの部分は固い皮とツメがついたままのことが多いのですが、本物のワニの手はかなりインパクトがあるので、見た目だけでもその場が盛りあがります。また、焼いたあとは握手をするように(笑)手を握って食べることができます。チョビベリーも食べたことがありますが、意外にも味は鶏肉に近く、あっさりとした感じでした。

 

「ゲテモノは苦手」と決めつけず、一度はチャレンジするのがオススメ

あまりのビジュアルに最初は食べるのを少しためらう人もいますが、食用として売られているものならそこまで奇抜な味の食材はなく、「想像よりおいしかった」という意見がほとんど。一度食べれば「珍肉にくらべて、牛肉や豚肉の部位の違いなんて小さなものだな」と思うようになり、自分の視野が広がるので貴重な経験になります。「一生に一度はチャレンジしてみよう」という気持ちでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

バーベキューはもちろん、食卓でもあまり見たことがない動物が出てくるのが珍肉バーベキュー。焼く前の生肉から焼かれる姿、いい感じの焼き加減になった段階まで、ずっと目が離せない楽しさがありますよ!

 

「アマゾンで買ってきた」でひとネタできる!

あなたが珍肉バーベキューの幹事もしくは食材担当なら、珍肉はインターネットのAmazonサイトから購入するのがオススメ。スーパーなどで入手が困難な珍肉でもAmazonでならすぐに見つかることに加え、「このお肉どこで買ったの?」と聞かれたときに、「アマゾンで買ったよ!」と答えるというオチができるからです(笑)。

 

「アマゾンで、カードで一括払いしちゃってさ~」などと意味ありげに説明すれば、珍肉バーベキューが盛り上がること間違いなし!

 

インパクト大の珍肉バーベキューは、みんなの記憶に残る

あまりお目にかかれない珍肉バーベキュー。大人になるとはじめて食べるものはだんだん少なくなりますが、ワニやカンガルーなど、普段は食用と思っていない食材だからこそインパクトは大。おいしくても(たとえ)マズくても、参加した人みんなの記憶に残るバーベキューになります。それぞれの味の違いをしっかりくらべて楽しみましょう!

 

参考:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

チョビベリー

読書とテレビと極真空手が好き、柔道初段とボクシングの経歴をもつ普通のOL。女子向けWEBサイトで書評ほか恋愛系の記事を執筆するかたわら、自身の恥をかきさらす意識ぬるい系ブログ『チョベリグ!』も更新中。バーベキューは火をおこす時に一番テンションがあがるファイヤータイプ。アトピーなので洗い物はちょっと苦手。