おもしろ
最近では日本でもすっかり人気のイベントとなってきた「ハロウィン」。大人も子供も楽しめるイベントですよね。そこで今回提案したいのが、ハロウィンにちなんだレシピで楽しむバーベキューパーティー。今年のハロウィンは家族や友達のために、こだわりのバーベキューパーティーを企画してみませんか?

 

ちょっとしたアイディアでいつものメニューが大変身

ハンバーガーやホットドックというと、「当たり前」のバーベキューメニューですが、実はこの2つは、とても簡単にバーベキュー仕様に変身させることができちゃいます。

 

ハンバーガー

「ハンバーガー、焼けたよ〜」と言いながら、こんなカワイイバーガーがお皿にのって登場したら、その場のみんなが喜びの歓声を上げてくれそう。耳はパプリカ、目はブラックオリーブとチーズ、黒ごまなどで準備しておくと良いですね。口から「ダラリ……」と垂れたケチャップが。なんともユーモラスです。

 

 

もうちょっと手軽にいきたいな……という人は、こんな感じでどうでしょうか。オレンジ色のアメリカンチーズやチェダーチーズを、ジャック・オ・ランタンの形に切り抜いておき、ハンバーグの上にのせるだけですが、一気にハロウィンの雰囲気になりますね。

 

ホットドック

子供に大人気のホットドックやソーセージも、ほんの一手間でちょっと不気味な食べ物になります。ツメの形に皮をむいておけば、あら不思議! どこから見ても「血まみれの指」の完成です。

 

なるべく家で準備をしておき、バーベキュー会場での手間は減らしたいなら、こちらのミイラがオススメ。割り箸やくしに刺したソーセージの周りにパイ生地やパン生地を包帯のように巻きつけて、焼いておきます。他の食材が焼けるまでのおつまみとして、冷めたまま食べても良いし、グリルの上でちょっと温めて、熱々にかぶりつくのも最高です。

 

 

番外編:おやつ

ここまでこだわったのならば、おやつまでガッツリとハロウィンテーマで決めちゃいましょう。ありきたりのポップコーンも、袋に顔を描いてあげるだけで一気にムードが出ます。

 

もちろん袋の中身はポップコーンじゃなくても大丈夫。オレンジの紙にキャンディーを包んで、パンプキンにしてもカワイイですよ。

 

 

オレンジ味のソーダとバニラアイスで作るフロートは、バーベキューであったまった体にヒンヤリと美味しいデザート。これもコップにちょっと工夫を凝らすだけで、一気にハロウィン仕様のドリンクが完成です。

 

 

DIYキャンドルで雰囲気抜群!

バーベキューパーティーを最高に盛り上げるためには、やはり会場作りも大切にしたいもの。テーブルクロスやカトラリーの色にこだわるだけでなく、手軽に入手できるキャンドルを使って、雰囲気作りに挑戦してみましょう。

 

こちらは白いキャンドルの上から溶かした赤いキャンドルをかけて作ったデコレーション。針やくぎを差し込むと、一気におどろおどろしい雰囲気になりますね。

 

もっとオシャレに決めたいときは、白やオレンジのキャンドルに、黒のレースを巻いてあげるだけでも効果抜群! ただし、レースに引火しないよう、注意して使いましょうね。

 

テーマを決めたバーベキューでさらに楽しむ

いつものバーベキューにちょっと飽きてきたら、季節のイベントにちなんでテーマを決めたバーベキューにぜひ挑戦してみましょう! 大人も子供も楽しめるハロウィンは、バーベキューパーティー初心者にもぴったりのイベントです。食べ物やデコレーションにしっかりこだわったパーティーを開いて、みんなで思いっきり楽しんでみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

マケナ雅美
食・スポーツ・経済・テクノロジーとさまざまな分野で執筆中! 美味しいもの大好きなアラフォー女子が、BBQ大国テキサスから楽しい&美味しいBBQ情報をお届けします。冷たいビールとジューシーなお肉で、楽しくBBQ体験しちゃいましょう。