おもしろ
「冬のバーベキューに魅力はないし、寒いだけ!」と、この時期のバーベキューに不満を抱いている人は多いでしょう。一般的にはオフシーズンでも、実際に冬バーベキューをやってみると想像以上に楽しいことがあります。まだ経験してない人にはぜひ知っていただきたい、冬バーベキューの意外なメリットを教えます。

場所が空いている&予約がしやすい

Grilling food on an outdoor gas barbecue

 

「冬のバーベキューはシーズンオフ」。そう思いこむ人が多いぶん、お店や会場は空いているために普段よりもなにかと融通がきくようになります。チョビベリーの場合、12月に手ぶらバーベキューへ行ったときは調理器具が使い放題、隣のテーブルも荷物置きにして広々と使わせてもらったことがあります。

 

普段は予約でいっぱいの人気バーべキュー場も、冬の時期は穴場スポットに変身。炊事場やトイレもゆっくり使えるほか、周りのコンロの煙がジャマ、ということもありません。

 

また、お店や施設のスタッフの対応が繁忙期より親切になることも。火のつけかたや食材の焼き方など、わからないことはこのチャンスを活かして聞いてしまうのもアリですよ。

 

焼きたてアツアツの食材が美味!

fotolia_108336605_subscription_xl

 

照りつける太陽と暑さに、ひたすら耐えながらバーベキューをしていた夏。楽しい半面、汗だくになって焼きたての肉を食べるのはちょっと辛いものがありました。しかし冬の時期に限っては、焼きたてのぬくもりこそが最高の調味料。

 

肉は焼けた先から取り合いになり、網の上の野菜も焦げることなくすぐに無くなるのは冬のバーベキューの特徴です。寒いなか、みんなでアツアツの食材をほおばる瞬間は最高に幸せを感じますよ。

 

食材の準備がラク。食中毒の心配も少ない

特に寒い時期は、気温が冷蔵庫の中と同じくらい……という日もあります。しかし、寒ければ寒いほどバーベキューのメリットになることも。

 

それは、暑さで食中毒になる心配が少ない、ということ。夏のように食材が傷まないようクーラーボックスに入れたり、生ものを避けたりする必要がうんと少なくなります。

 

また、お酒を冷やすためのロックアイスをたくさん持ってくることもありません。雪が多い地域は、ビール缶を雪に挿して冷やすこともあるほど。寒さを逆手にとってうまく利用しちゃいましょう。

 

日焼けや虫よけに悩まされない

屋外でバーベキューをする場合、実は寒さを除けば、夏よりも冬の時期のほうが気候の悩みは少なくなります。たとえば紫外線を気にして日焼け止めをたくさん塗ったり、帽子や日傘を用意したりと、日差しを気にすることが少なくなります。

 

また、汗で落ちやすい女性のメイクは夏よりも崩れにくくなり、汗ふきシートやメイク直しを用意する必要もありません。夏場に気になっていたバーベキューのイヤな部分は、すべて解消されるのです。

 

自然に近いバーベキュー場ならではのメリットも 自然の中にあるバーべキュー場なら、冬場は虫に悩まされることが減ります。また、寒さで空気が澄んでいることも特徴。夏よりも遠くの景色まで見えるため、写真をキレイに撮ることができたり、夜は星空をより美しく見れたりと自然を満喫することができます。

 

冬にバーべキューを楽しめれば上級者

季節にこだわらず、寒い時期でもバーべキューを楽しめる人は上級者。普通はあまり思いつかないからこそ、冬バーベキューを成功させれば、周囲から一目置かれる存在になれます。

 

冬バーベキューのポイントは、しっかりと冬場のメリットを味方にすること。この時期にバーバキューをする魅力が伝われば、仲間と一緒に一年中バーベキューを楽しむことができます。寒さだけには気をつけて、ぜひ冬バーべキューを実践してみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

チョビベリー

読書とテレビと極真空手が好き、柔道初段とボクシングの経歴をもつ普通のOL。女子向けWEBサイトで書評ほか恋愛系の記事を執筆するかたわら、自身の恥をかきさらす意識ぬるい系ブログ『チョベリグ!』も更新中。バーベキューは火をおこす時に一番テンションがあがるファイヤータイプ。アトピーなので洗い物はちょっと苦手。