おもしろ

バーベキューの本場といえばアメリカが有名ですが、実はオーストラリア国民もそれに負けず劣らずのバーベキュー好き。この度、オーストラリアの祝日であるオーストラリア・デーにあわせて制作された1本の動画が大きな話題になりました。

オーストラリア国民に告ぐ、直ちに帰国せよ!

その動画の内容とは、国民の祝日であるオーストラリア・デーに羊肉のバーベキューを楽しむため、全国民はただちに帰国せよというもの。さらっと説明させていただきましたが、そもそも、バーベキューのために強制帰国させるというところにオーストラリア人の熱意が感じられます。

 


Photo by:Australia Day Lamb 2016 | Commence Operation Boomerang | YouTube

 

動画の冒頭に登場するこの女性はオーストラリア人ジャーナリストのLee Lin Chin氏。同氏はかつてオーストラリア・デーを冬のワルシャワで迎えた経験があり、その際は羊肉のバーベキューを楽しむことができなかったのだとか。そんな経験をオーストラリア人に味わわせることがないよう、今回のミッションを計画したことが語られます。

 


Photo by:Australia Day Lamb 2016 | Commence Operation Boomerang | YouTube

 

この壮大なミッションを遂行するために選ばれたのはオーストラリアの特殊部隊。ロンドンや東京、ロサンジェルス、ニューヨークなど世界中の大都市に散らばり、オーストラリア国民の緊急帰国を促します。

 


Photo by:Australia Day Lamb 2016 | Commence Operation Boomerang | YouTube

 


Photo by:Australia Day Lamb 2016 | Commence Operation Boomerang | YouTube

 

もちろん、オーストラリア出身のデンマーク王太子妃メアリーも例外ではありません。公式行事でデンマーク国民の前に姿を現した王太子妃を、特殊部隊は実力行使で帰国させてしまいます。……かなりやらかしていますが、このミッションほんとに大丈夫ですか?

 


Photo by:Australia Day Lamb 2016 | Commence Operation Boomerang | YouTube

 

最後はこのミッションの最終目的である、羊肉のバーベキューを楽しむ国民の姿が映し出されて終わります。……本当にハッピーエンドでいいのか判断に苦しむ部分はありますが、ともかくオーストラリア人のバーベキューに関する情熱が、ふつふつと伝わってくる動画でした!

 


オーストラリア・デーにはバーベキューを!

うすうすお気づきのことと思いますが、もちろんこれは実際にあった出来事ではなく、オーストラリアの食肉PR団体であるMeat & Livestock Australiaが制作したフィクション動画。国民の祝日であるオーストラリア・デーには、みんなでバーベキューを楽しもうとPRする目的で制作されました。


フィクションとは言え、デンマーク王太子妃を緊急帰国させるというところに、オーストラリア人のバーベキューに対する並々ならぬ熱意を感じることができるのではないでしょうか。

オーストラリアのバーベキュー事情って、どんなの?

今回ご紹介した動画にもあるように、オーストラリア人にとってバーベキューはごくごく日常的なもの。公園に出かけると必ずと言っていいほど無料で使用できる電気式のグリルが設置されており、休日にはそこでバーベキューを楽しむ家族や友人グループの姿が見られます。

 

また、自然の豊かなオーストラリアでは手に入る肉の種類が豊富であることも、国民のバーベキュー好きが加速する要因のひとつかもしれません。


例えばリブロースや2種類の肉が楽しめるTボーンなど、日本では少し入手の難しい肉でもスーパーで簡単に手に入れることができます。もちろん牛肉だけでなく、羊やカンガルーの肉(!)などの変わり種も豊富。バーベキュー好きのみなさんにとっては、まさに楽園と言える場所なのではないでしょうか。

オーストラリアに行く機会があれば、ぜひバーベキューを!

オーストラリア人はもともと家族や友人など大切な人と食事をする時間を大切にする習慣があり、大人数で楽しめるバーベキューが大人気。もし旅行する機会があれば、オーストラリアでのBBQを試してみてはいかがですか?

 

 

 

参考サイト:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

鈴木圭
イタリア・ミラノ在住。広告プロダクション、出版社などを経てフリーライターに。在住経験を生かし、海外旅行やイタリア関連のほか、海外Webマーケティング関連のコンテンツなどに記事を書いている。世界で最も肉の扱いに長けているのは、やっぱりアメリカ人かもしれない。好きな焼き方は、丸焼き。