レシピ
バーベキューでは、焼いたお肉をタレにつけて食べるという方が多いのではないでしょうか。市販の付けダレで味の変化を楽しむのもいいですが、少し手を加えてお肉を漬け込み下味をつけてみては? 「下ごしらえ」というと面倒に思われるかもしれませんが、とても簡単にできるレシピをご紹介します!

 

いつもの牛肉も漬け込みでリッチ感アップ

バーベキュー用の牛肉を、定番の醤油ベースのタレではなく、フレンチ風味にしてみませんか? ワインに合う、とてもリッチでクセになる味に仕上がります。脂身が少なくて焼くと固くなりがちな赤身のお肉も、お酢の作用で柔らかくなりますよ!

 

材料:
  • 焼肉用牛肉……200g程度
  • オリーブオイル……大さじ2
  • ハチミツ……大さじ1
  • バルサミコ酢……大さじ2
  • マスタード……大さじ1
  • 塩……少々
  • コショウ……少々

 

foodpic7111675

 

必要なもの:
  • 厚手のビニール袋

 

作り方:
1.各調味料をビニール袋に入れ、そこへ牛肉も入れる

 

2.よくもみ込んで、冷蔵庫に3時間以上置く

 

foodpic7111678

 

漬け込んでいたタレを煮詰めてソースにするとさらに美味しいです。

 

foodpic7111682

 

見た目も味も豪快!スペアリブ

foodpic7117647

 

骨付きのお肉にかぶりつく豪快な体験は、野外のバーベキューでチャレンジしたいもの。ただし、骨付き肉は食べにくいというデメリットがあります。そんな食べづらいイメージの強いスペアリブも、下ゆでしておけば骨離れがよくなりますよ。

 

材料:
  • スペアリブ……800g
  • ハチミツ……大さじ3
  • 醤油……大さじ3
  • 砂糖……大さじ3
  • 酒……大さじ3
  • ケチャップ……大さじ3
  • 玉ねぎ……1/2個
  • にんにく……1片

 

foodpic7111687

 

必要なもの:
  • 厚手のビニール袋
  • おろし金

 

作り方:
1.鍋にお湯を沸かし、スペアリブを20分程度ゆでアクをとる(火を通しておくことで余分な脂が落ち、生焼けを防げる)

 

foodpic7117704

 

2.玉ねぎとにんにくをすりおろし、醤油、ハチミツ、砂糖、お酒、ケチャップとともにビニール袋に入れて混ぜ、調味液を作る

 

3.1.のスペアリブがゆであがったら冷まして水気をふき取り、調味液に漬けて2時間~一晩おく

 

foodpic7117751

 

さっぱり美味しい!塩レモンチキン

foodpic7112236

 

一時期話題になった塩レモンには、お肉をバツグンに美味しくする効果が! あらかじめ鶏肉を漬けておけば、さっぱりした味ながら旨みもしっかり感じられます。タレの単調な濃い味で少しもたれてきたお腹にうれしい美味しさです。

 

材料:
  • 鶏もも肉……1枚
  • 塩レモン……2、3枚

 

foodpic7117765

 

必要なもの:
  • 厚手のビニール袋

 

作り方:
1.数日間塩に漬けておいたレモン(塩レモン)を粗みじんに刻む

 

2.鶏肉を食べやすい大きさに切り、1.の塩レモンと一緒にビニール袋に入れて最低でも一晩おく

 

foodpic7117770

 

前日のひと手間でバーベキューのランクが上がる☆

Friends eating bbq sausage and meat

 

普段のバーベキュー用のお肉も、調味料を合わせて漬け込むとお肉に味がしっかりなじんで、タレなしでも十分美味しく食べられます。どのレシピにも、お肉を柔らかくする効果があるので一石二鳥です。いろんな味を楽しめ、いつものバーベキューより満足できるはず! 次のバーベキューは、漬け込みお肉でみんなを喜ばせてはいかがでしょうか?

 

参考サイト:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

まつしまのりこ

2児の母で、日頃は家事育児に専念しています。独身時代からバーベキューをたしなみ、バーベキューコンロ付きのマンションに在住。休日に家族や友人を招いてバーベキューを楽しんでいます。