レシピ

クリスマスにもやっぱりいつもの仲間とワイワイ楽しくBBQ! でもどうせみんなで集まるのなら、いつもと違ったインパウクトのあるスペシャルメニューを登場させてみませんか? そんなあなたに今回ご紹介したいのが、アメリカ生まれの「ビア缶チキン」。まさかの調理法で焼き上げるしっとりチキンは、見た目はもちろん味のインパクトも保証付きの一品です。

 

パリパリしっとり…ビア缶チキンの魅力

クリスマスといえば定番の鶏の丸焼き。でも「焼きあがったよ〜」とテーブルの上に置かれた丸焼きのおしりに、ドンッとビールの缶が突き刺さっていたら、かなりのインパクトですよね。そんな驚きのチキンがアメリカで人気の「ビア缶チキン」と呼ばれる料理です。 イメージ的にはこんな感じ。

 

 

ビア缶チキンは、鶏のおしりの穴にビールが入ったビール缶を刺してから、熱々のバーベキューグリルに乗せて調理します。グリルの熱によって缶の中のビールが蒸気化し、鶏を中から蒸し上げることで、とてもしっとりジューシーに焼き上げることができるのです。焼きあがったチキンにかぶりつくと、口の中にはほのかにビールの香りが。なんとも言えない幸福感に包まれる一瞬ですよ。

 

ビア缶チキンのコツ

基本的にはバーベキューグリルに乗せたら「放置」スタイルで調理するビア缶チキンですが、美味しく仕上げるためにはいくつかのコツを抑えておくと良いでしょう。

 

  • グリルはしっかり加熱しておく
  • チキンは立てて調理する
  • 缶ビールは半分飲んでから使う
  • ビールは室温・直火で調理しない

 

材料:

  • 鶏丸ごと……1羽(約1,800g)
  • ベジタブルオイル……大さじ2
  • 塩……大さじ2
  • コショウ……小さじ1
  • お好みのスパイスミックス……大さじ3
  • ビール……1缶

 

調理方法:
1. 鶏の外側にベジタブルオイルを塗り、塩、コショウ、スパイスを振りかけてもみ込む
2. 缶ビールを開け、半分飲む(飲み過ぎ注意!)
3. ビール缶を立て、下の図のように鶏を乗せる
8 (画像:AmazingRibs.com

 

4. 熱しておいたグリルの、火が直接当たらない部分に乗せ、フタをして1時間15分程度蒸し焼きにする(炭をグリルの片側に寄せ、反対側で調理する感じで大丈夫)

 

チキンはきちんと焼けていないと食中毒の元になりやすいので、肉用の温度計を持参し、胸肉の部分が82度になっているか確認して火から下ろしましょう。切り分ける前に10分ほど待ったほうが、よりジューシーなお肉を楽しむことができます。

 

また当然のことですが、チキンに刺さったビールの缶は火傷する熱さになっています。取り出すときはミトンをはめるか、少し冷えるのを待ってからにしましょうね。

 

ビア缶チキンに合わせたいサイドメニュー

では最後に、ビア缶チキンで盛り上がるクリスマスディナーにぴったりのサイドメニュー5選を紹介しましょう。

 

カラフルなコールスローは隠し味にリンゴ!

https://www.instagram.com/p/BIQYac0gcfW/?tagged=bbqsides

 

カラフルな皮付きポテトでクリーミーなポテトサラダ

https://www.instagram.com/p/BHQezIHhA7H/?tagged=bbqsides

 

とろとろのチーズが最高のマック&チーズ

https://www.instagram.com/p/1vQwvIRJcX/?taken-by=macandcheesequrl

 

クリームチーズを中に詰めたハラペーニョをベーコンで巻いて、グリルでこんがり!(タネを取ってからチーズを詰めると、辛さを抑えられます)

 

クリスマスリースの形をしたこんなパンがあればムードが一気に上がりそう……

 

どれも見た目も華やかでとても美味しそう! クリスマスをお祝いするのにぴったりのサイドメニューです。

 

まとめ

「クリスマスにもバーベキュー? 任しておいて!」ほのかにビールが香るジューシーなチキンで、今年のクリスマスの話題はいただき! 見た目のインパクトとそれに負けない美味しさの「ビア缶チキン」。ぜひクリスマスの花形メニューとして登場させてあげましょう。

 

参考サイト:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

マケナ雅美
食・スポーツ・経済・テクノロジーとさまざまな分野で執筆中! 美味しいもの大好きなアラフォー女子が、BBQ大国テキサスから楽しい&美味しいBBQ情報をお届けします。冷たいビールとジューシーなお肉で、楽しくBBQ体験しちゃいましょう。