レシピ

バーベキューで「食べ物をもっと美味しくしたい」、「もっと女子に喜んでもらいたい」などと悩んだ経験のある方も多いのではないでしょうか? みんなで集まる楽しい場なので、より良いバーベキューにしたいと思うのは当然ですよね。特に食べ物の味にこだわりたいという方も多いと思います。そんなときにおすすめのアイテムは“アルミホイル”。バーベキュー中の調理方法の幅が広がります。そこで今回はバーベキューで役立つアルミホイルの活用方法についてご紹介します!

ご飯も炊ける!?ホイル包み焼きを堪能しよう!

 

網の上で焼くと余分な脂や水分が飛び、ヘルシーな味わいになります。しかし、食材によっては「ジューシーな状態で食べたい!」と思うものもありますよね。そんなときには“ホイル包み焼き”がおすすめです。食材をアルミホイルで包み、バターやサラダ油などを入れるだけでも十分に美味しいホイル焼きができあがります。食材の旨味もとじ込められてGOOD

 

Photo ByBBQレシピ「包んで焼くだけ!アルミホイルでバーベキューパエリア作り」|YouTube

 

また、ホイル焼きでご飯を炊くこともできるようです。芸人のたけだバーベキューさんがパエリアを作っています。

 

Photo ByBBQレシピ「包んで焼くだけ!アルミホイルでバーベキューパエリア作り」|YouTube

 

食材を並べると色とりどりでキレイですね。お米の上に食材を並べたら水にサフラン、レモン、おろしにんにくを加えた調理液をかけ、アルミホイルでしっかりと包んでいます。そして待つこと15分。

 

Photo ByBBQレシピ「包んで焼くだけ!アルミホイルでバーベキューパエリア作り」|YouTube

 

パエリアのできあがり! ホイル焼きでパエリアを作れるなんて驚きですね。

 

アルミホイルで蓋をする?簡単な燻製の作り方

 

バーベキューをしているときに「味に変化をつけたい」と思ったことのある方も多いのではないでしょうか。そんなときには食材を“燻製”にして香りを楽しむ食べ方がおすすめ。スモークすると一味違う味わいを楽しめますし、ワクワク感があってより楽しいバーベキューになりますよ。

 

Photo ByAmazon

 

七輪で燻製を作りたいときには“スモークチップ”を使用することをおすすめします。スモークチップはスモークウッドよりも多くの煙を出せるので、短時間のうちにしっかりと香りづけすることに適しているからです。アルミ皿などにスモークチップを乗せて着火し、七輪(バーベキューコンロ)の中に入れたら、アルミホイルで蓋をして大きめの石など固定します。燻す時間が短いと香りが十分に入りきらないことがあるので、1015分を目安にしてください。

包んで入れるだけ?デザートは焼き芋アイスで!

 

女子ウケのする食べ物と言えば“スイーツ”ですよね。バーベキューをしながら効率よく作れるスイーツは“焼き芋”。さつまいもをアルミホイルで包み、七輪の中に入れて3040分程焼くだけなので簡単に作れます。熱の入り具合を均一にするために、10分毎にさつまいもを転がしながら焼くのがポイントです。また、さつまいもは“バニラアイス”との相性が抜群。クーラーボックスなどに入れて持参しておけば、焼き芋アイスも作れますよ。

まとめ

 

バーベキューは非日常的なアウトドアのイベントなので、参加者全員にとっての素敵な思い出になりますよね。雰囲気を楽しむだけでなく、「美味しい!」と感動できる料理を作れれば、さらに強くみんなの心に残るでしょう。アルミホイルを使えばバーベキューでの調理方法に幅が出ます。アルミホイルを有効活用して、バーベキューをより美味しく楽しみましょう!

 

 

 

参考サイト:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

ともしど
基本的には絶食系男子だが、たいていのことを「ノリと勢い」で看破できるクレイジーな顔も併せ持つ。元板前なので魚介類の調理が得意。うどん生活が長かったのでお肉を見るとワクワクする。近くに水があると興奮するのでバーベキューは河原派。「ツイッター(@tomoshido)フォローしてください。」