スゴ技

バーベキューの際に、着火材を買い忘れた経験のある人はいませんか? そんなときあわててホームセンターに走らなくても、新聞紙だけで誰でも確実に着火できる方法があります。

 

これができれば、あなたの男度もぐんとアップするかもしれません。さっそくその方法を見ていきましょう!

 

新聞紙と炭だけで、簡単に着火する方法

新聞紙を使って炭に着火するというのは昔からある方法ですが、ただ新聞紙に火をつけるだけではうまくいきません。たいていの場合は炭に火が移る前に、新聞紙が燃え尽きてしまうでしょう。

 

確実に着火させるには、火が燃え続けるために必要な空気の通り道を確保するとともに、新聞紙がすぐに燃え尽きないよう工夫する必要があります。それでは、具体的な手順を見ていきましょう。

 

1. 新聞紙を棒状にねじったものを10本程度用意する

light01

 

まずは、新聞紙(もしくはチラシ)を棒状にねじったものを用意します。このとき、できるだけ固く絞っておくと火種が長持ちします。着火させたい炭の数にもよりますが、10本くらい用意しておけばいいでしょう。

 

2. ねじった新聞紙を井桁に組む

light02

 

コンロの中で新聞紙を「井」の形になるように組んでいきます。空気の通り道を確保するために、できるだけ中央の空間を空けるように組んでいくのがポイント。積み上げるのは2~3段程度で構いません。

 

3. 井桁に組んだ新聞紙の周りに炭を置いていく

light03

 

先ほど組んだ新聞紙を囲うようにして炭を置いていきます。このとき、両端がカットされた円柱形の炭を使うようにすると安定して積めます。

 

4. 完成形はこんな感じ

light04

 

井桁に組んだ新聞紙よりも2~3段くらい高く炭を並べたら完成。上の写真のように、新聞紙の周りをしっかりと囲むように積みましょう。

 

5. 新聞紙に火をつけ、さらにその上から炭を数個置く

light05

 

マッチやライターで新聞紙に火をつけます。火は下から上に登っていくのでできるだけ下の方に火をつけると効率的です。火がついたら上に開いている空間を閉じるように炭を2~3個のせます。

6. 炭に火が移ると平らにならす

light06

 

あとは何もせずただ待つだけ。炭の種類や量にもよりますが、5~10分程度で炭に火が燃え移ります。上の写真のように、内部が赤くなったら組んだ炭を平らにならして完成! 

 

着火の様子は以下の動画でも説明されているので、ぜひ確認してみてください。

 

 

どうしてこんなに簡単に着火できるの?

Industrial smoke chimney on blue sky

 

どうして、簡単に炭に火をつけることができるのでしょうか?

 

その秘密は「煙突効果」という現象にあります。

 

新聞紙についた火は、円筒状に組まれた炭の隙間から空気を吸い込み、煙突内のような上昇気流を起こします。

 

火が燃えるのに必要な空気をふんだんに取り込むと同時に、うちわであおぐような空気の流れもつくりだせて効率的。

 

この煙突効果を十分に生かすには、中央に空気を流すための空間をしっかり確保し、炭に着火するまでは、空気の流れを妨げないよう触れないのがポイントです。

 

スマートに着火できれば、みんなに一目置かれる……かも

着火剤やチャコールスターターを使う方法は確かに簡単ですが、工夫すれば、新聞紙とライターだけでも火おこしは十分に可能です。

 

何より、みんなが苦労する火おこしをスマートにこなせば、一目置かれること間違いなし。この方法を身につけて、バーベキューのヒーローを目指してくださいね!

 

参考サイト:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

鈴木圭
イタリア・ミラノ在住。広告プロダクション、出版社などを経てフリーライターに。在住経験を生かし、海外旅行やイタリア関連のほか、海外Webマーケティング関連のコンテンツなどに記事を書いている。世界で最も肉の扱いに長けているのは、やっぱりアメリカ人かもしれない。好きな焼き方は、丸焼き。