スゴ技
マッチもライターも着火剤もない! そんなときでも火おこしができるスゴ技を今回はご紹介しましょう。少し根気は必要ですが、成功したときにわっと歓声が上がること間違いなしの、バーベキューの玄人向けテクニックです!

 

まずは火おこし器を作ろう

ご紹介するのは、木の棒をくるくると回して摩擦熱で火をつける方法。ただ、木の棒と木の板だけで火をつけるのにはかなりの根気が必要なので、今回は火おこし器を使ってみましょう。作り方は以下のとおりです。

 

1. 回転の軸となる棒と、その回転を補助する「はずみ車」(動画ではセメントを固めたものを用いていますが、厚い木の板で作ってもいいでしょう)を用意します。 making01 【出典】Fire Making with Pump Drill | YouTube

 

2. 回転補助棒(手で持つ部分)とロープを用意し、写真のように組み立てます。ロープは軸に巻きつけて回転させるため、少し余裕を持たせておきましょう。 making02 【出典】Fire Making with Pump Drill | YouTube

 

3. 完成形はこんな感じ。持ち手を上下させることでロープが軸に巻きつき、回転します。 making03 【出典】How to Make a Pump Drill | YouTube

 

制作の様子は以下の動画でも紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

種火はどうやって育てる?火付けのポイントを紹介!

火おこし器でおこせる火はとても小さなもの。火をうまくおこすポイントは、小さな種火をいかにして燃えやすいものに移して、火種を大きな炎へと成長させるかです。具体的には以下の方法を参考にしてみてください。

 

1. 火おこし器を使って、木の板に種火をおこします(動画では木の板の下に乾いた木の皮をひいています)。 fire01 【出典】Fire Making with Pump Drill | YouTube

 

2. おこした種火を枯れ草や麻ひもをほどいたものに燃え移らせます(動画のように、鳥の巣のような形を作っておくと燃え移りやすくなります) fire02 【出典】Fire Making with Pump Drill | YouTube

 

3. 息を吹きかけたりうちわで扇いだりして空気を送り込み、種火を大きくします。このまましばらくすると炎が上がるので、枯れ草 → 細い木の棒 → 炭というふうに大きなものへ火を移していきます。 fire03 【出典】Fire Making with Pump Drill | YouTube

 

火おこしをする様子は以下の動画で紹介されているので、ぜひ参考にしてください。 ※YouTube動画が開きます

 

 

もっとワイルドに火をおこすには?

もっとサバイバルな火おこしにチャレンジしてみたい! という人は、火おこし器に頼らずヒキリ棒という木の棒とヒキリ板という板だけで起こす方法もあります。もちろん、着火剤とチャッカマンやライターを使って火をおこすよりは大変になりますが、興味がある方は以下のポイントに注意してチャレンジしてみてください。

 

1. こする時間はできるだけ長く!

木の棒をできるだけ長い時間、板にこすりつければ火がつきやすくなります。手のひらに木の棒を挟んで回す際は、腕が疲れますができるだけ長い時間こすれるように木の棒を手のひらで回しましょう。

 

2. 火種は燃えやすいものに落とす

最初の火種を落とす材料は、できる限り燃えやすいものを用意しましょう。油を染み込ませた布やティッシュペーパーなどが用意できればベストです。

 

3. 複数の人数で交互に行う

最後に、1人で火をおこすのはとても大変です! 複数のメンバーで交代しながら、気長に根気よく行いましょう。

 

盛り上がること間違いなし!いつもと違うBBQにチャレンジしてみては

着火剤やライターを使う従来の方法に比べるとかなり大変ですが、自分でおこした火で焼くバーベキューは格別! なにより、協力して火をつける過程で一体感を楽しめます。いつものバーベキューに飽きてしまったという方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

参考サイト:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

鈴木圭
イタリア・ミラノ在住。広告プロダクション、出版社などを経てフリーライターに。在住経験を生かし、海外旅行やイタリア関連のほか、海外Webマーケティング関連のコンテンツなどに記事を書いている。世界で最も肉の扱いに長けているのは、やっぱりアメリカ人かもしれない。好きな焼き方は、丸焼き。