スゴ技

バーベキューは楽しいけど、その片付けは意外と大変なもの。でも、いくつかのポイントに気をつけるだけで、驚くほど片付けが簡単になることをご存知ですか? ベテランバーベキュープレイヤーなら誰もが知っている、片付けのコツをご紹介します!

下準備は自宅ですませておくと簡単!

Closeup on young housewife cutting mushrooms in kitchen

片付けを簡単にする最も基本的なポイントは、現地で出るゴミを極力減らすこと。飲み物のペットボトルや缶、生ゴミなど、バーベキューではさまざまな種類のゴミが出るため、まとめたり分別したりするだけでもかなりの時間を取られてしまいます。

 

ゴミを減らすために、食材の下準備はできるだけ自宅ですませておきましょう。野菜や肉などを買ったままの状態で持って行ってしまうと、ラップやトレーなどの包装材や野菜くずといったゴミを、意外なほど多く出すことになります。野菜は事前に全てカットし、肉はトレーから出してビニール袋や食品保存容器などに入れて持って行くとよいでしょう。

 

下準備がすんでいれば、現地についてすぐにバーベキューを始められるというメリットもあります。

網や鉄板には油を塗っておこう

Barbecue grill at outdoor garden

 

バーベキューで1番大変なのは、何と言っても網や鉄板の片付けではないでしょうか。大きくて洗いにくいうえ、何度こすってもすすが落ちず苦労した経験のある人も多いはず。

 

実は、事前に網や鉄板に軽く油を塗っておくことで、すすは簡単に落とせるようになります。火にかける前にキッチンペーパーに油を含ませ、軽く拭くように塗っておくといいでしょう。また、鉄板の裏面など油を塗れない箇所には食器用洗剤がおすすめ。油と同じように薄く塗っておくと、すすのこびりつきをかなり防げます。

網にこびりついた肉は炭化させて落とす!

網の片付けを簡単にするコツをもう1つご紹介しましょう。網や鉄板を洗ううえで、すすと同じように大変なのが、こびりついた肉や野菜などの後始末。特にカルビや霜降りなど脂分の多い肉を焼く場合、どうしてもかけらが網にこびりつきやすくなってしまいます。

 

そんなときは、水洗いする前に火の残っている炭を乗せて炭化させてしまいましょう。こうすることで、しつこくこびりついた食材を簡単に落とせるようになります。食材が真っ黒になるまで炭化させたあとは、箸などで軽く削って水洗いするだけで、すっきりときれいに落ちますよ。

炭に水をかけたり埋めたりしない!

Charcoal burn fire background

 

網や鉄板と同じように初心者を悩ませるのが炭の後始末。なかには炭に水をかけて消火しようとする人もいますが、これは絶対にNGと覚えておきましょう。水蒸気が発生してやけどする危険性があるだけでなく、灰や炭のかけらが飛び散り、まわりにも迷惑をかけてしまいます。

 

また、土に埋めるのも重大なマナー違反です。火がついたままの炭は土に埋めた程度では消火できず、火事の原因になってしまいます。炭を消火する最も簡単な方法は、燃え尽きるまでそのままにして灰にしてしまうことですが、かなりの時間がかかってしまいます。

 

時間を短縮したい場合は水を張ったバケツに炭を1つずつ入れて消火するとよいでしょう。しばらく水につけて完全に火が消えたことを確認したら、袋に入れて持ち帰り、燃えるゴミとして処分します。
また、バーベキュー場に火消し壷のような専用の捨て場がある場合には、それを利用するのも1つの方法です。

コツをおさえれば、面倒な片付けも簡単に!

面倒で誰もが嫌いなバーベキューの後片付けも、ちょっとしたコツを踏まえれば驚くほど簡単になります。片付けがスムーズにできれば、そのあとにゆっくりとアウトドアを楽しむこともできるでしょう。バーベキューをする際は、ここでご紹介した4つのコツをぜひ試してみてくださいね。

参考サイト:
バーベキューを上手に行う方法(コツ) | 日本バーベキュー協会 バーベキューのマナー | 日本バーベキュー協会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

鈴木圭
イタリア・ミラノ在住。広告プロダクション、出版社などを経てフリーライターに。在住経験を生かし、海外旅行やイタリア関連のほか、海外Webマーケティング関連のコンテンツなどに記事を書いている。世界で最も肉の扱いに長けているのは、やっぱりアメリカ人かもしれない。好きな焼き方は、丸焼き。