スゴ技

ムキムキの肉体にサングラスという出で立ちでかっこよく調理し、ユーモラスなポージングで塩をかける外国人男性が話題になっていますね。彼のようにスマートな動きをBBQに取り入れたら、場が盛り上がって人気者になれること間違いなし。そこで今回は、かっこよくてパーティー感のある、キャンプグッズや手品、身近なアイテム等を利用したBBQの火おこしのスゴ技をご紹介します!

超速!1秒で火がつくマグネシウムファイヤースターター

Photo By自然界にある着火剤 ブッシュクラフト キャンプ 焚き火|YouTube

 

「え、いま、何したの……?」とBBQ仲間が目を丸くする。そんな一瞬の感動を、スマートな火おこしで作りたくありませんか? 火おこしはBBQの肝です。火がなければ肉も野菜も焼けません。

 

 

そこでオススメしたいのがこちらの“マグネシウムファイヤースターター”です。シャッシャッと擦るだけで着火できる優れもので、値段もリーズナブル。キャンプグッズとしては有名なアイテムですが、BBQで使用する人はほとんどいないですよね。以下の動画を参考にして、かっこよく一瞬のうちに火おこしをしましょう!

 

お兄さんトレンディだね!手品でスタイリッシュに火おこし

Photo ByHow to Make: “Pyro” Fire Ring|YouTube

 

指先をスタイリッシュに動かす技を練習した経験のある方も少なくないのではないでしょうか。身近なところではペン回しやジッポライターの点け方などがありますね。そのようにして、手品でかっこよく火おこしする方法もあります。

 

Photo ByHow to Make: “Pyro” Fire Ring|YouTube

 

まず手品の基本となるアイテムはこちら。“フリントフラッシャー”と呼ばれるものです。手を握っていれば指輪をしているようにしか見えず、手から炎が出ているように見せられます。ただ、コットンを詰めて着火するため激しく燃え上がるので、取り扱いには十分に注意してください。

 

 

またこちらの動画のように、ファイヤーギミックを利用した手品を応用することも可能です。片手でフリントフラッシャーに着火して、もう片方の手に火を移してバラの花を出すという、見るからにモテそうなスゴ技も習得できるかも? お金も時間もかかりますが、みんなの前で披露するために練習する価値はありそうですね!

ちょっと貸して!ポテチが着火剤に早変わり

 

BBQにスナック菓子を持ち込む方も少なくないのではないでしょうか。お酒を楽しみたい方や、お子様連れの方にとっては必需品のひとつですよね。スナック菓子の代表格の“ポテトチップス”は着火剤として利用できます。

 

Photo By【コレ天】○○が着火剤の代わりになる!?|YouTube

 

やり方は簡単で、ポテトチップスに火を点けるだけでOKです。BBQでは着火剤がないと火おこしに手間取り、思うようにいかないこともしばしば。しかし、ポテトチップスがあれば着火剤がなくても安心です。『ポテトチップスに火を点けられる』という事実を知らない方も多いので、『マジで!?』と驚いてくれそうですね!

 


童心に還ろう!ジップロックで虫眼鏡着火!?

 

虫眼鏡で光を集め、火を点ける実験をしたことはありますか? ジップロックに水を入れ、虫眼鏡のように光を集めてスチールウールに着火する動画が話題になっています。根気のいる火おこし方法ですが、火が点いた瞬間に大興奮すること間違いなし!

 

Photo By水で火を起こす!元自衛隊の超サバイバル術公開【明らかに誰かのネタパクってる】|YouTube

 

まずジップロックに水を入れます。中の水が動くと1点に光を集めにくいので、少々多めに入れるのがポイントです。

 

Photo By水で火を起こす!元自衛隊の超サバイバル術公開【明らかに誰かのネタパクってる】|YouTube

 

画像のようにジップロックがピンと張った状態にすると水が動かず、光を狙ったポイントに当て続けやすくなります。動画では着火するまでに3分以上かかっており、根気のいる作業だとわかりますね。すぐに火が点かなくても諦めないでください!

 

Photo By水で火を起こす!元自衛隊の超サバイバル術公開【明らかに誰かのネタパクってる】|YouTube

 

スチールウールの黒くなっているところが燃えている部分。スチールウールは非常に燃えやすいので、すぐに全体に火がまわります。とはいえBBQでは口に入れるものを焼くので、スチールウール(金属)を使用するのは気が引けるという方もいると思います。そのような方は木くず等を使用しましょう。

 

まとめ

 

何から何まで便利になってきている世の中だからこそ、ちょっと遠回りをしてアウトドアらしさのある工夫をすれば、バーベキューがもっと楽しくなります。火おこしの方法は様々で、「おっ!すごい!」と周囲を湧き上がらせることもできますよ。かっこよくスマートに、そしてちょっとユーモアのある方法で、BBQの人気者になりましょう!

 

 

 

 

参考サイト:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BBQ公認ライター

ともしど
基本的には絶食系男子だが、たいていのことを「ノリと勢い」で看破できるクレイジーな顔も併せ持つ。元板前なので魚介類の調理が得意。うどん生活が長かったのでお肉を見るとワクワクする。近くに水があると興奮するのでバーベキューは河原派。「ツイッター(@tomoshido)フォローしてください。」